看護師の研修制度と負担

医療業界では、勉強会や研修会というものが多くあります。常に医療は進歩しており、新しい知識を学んでいく必要があるからです。それは看護師も同様で医療業界に携わっていくにあたり、より多くの知識や技術を必要とされ、それは日々学んでいかなければならないのです。

研修の種類は様々あり、専門的なものから、技術的なもの、更にはコミュニケーション能力を高めるための研修など幅広い範囲で行われます。自分の置かれている診療科目に関係ある・なしに関わらず、研修を受けることはスキルアップに繋がりますし、看護師としての意識向上になるので大変良いことだと思います。また、離職中の看護師などに便利な復帰支援研修や、初めて病院に勤めるにあたっての就職研修や新人研修などもあり、看護師に対する研修体制はかなり充実しています。

研修は仕事に対する理解を深めることが出来るとても良い場だと思いますので、メリットしかないように思えます。しかし、病院によっては休日を返上して研修会や勉強会に参加しなければならなかったり、一日の勤務が終わってから行ったりと、看護師の負担になるような研修体制を取っている所もあります。これをデメリットと捉えるのは少し違うかもしれませんが、看護師の負担が大きくなることは避けた方が良いと思います。仕事の一環として、勤務中に研修を行うというのは難しいかもしれませんが、研修のやり方を考えていくことも必要だと思います。

関連リンク//http://www.career-migaki.com

0 件のコメント
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>